大人とアレルギーの関係

3cquhlpd.bmp
大人とアレルギーの関係
アトピー性皮膚炎や金属アレルギーについて考える!
アレルギーにはどんな対策や治療がいいの?

アレルギーと聞くとだいたいは子供がなるもの、子供の病気というイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、大人になってからや高齢になってから突然アレルギーを発症したなんて例も多く聞かれています。

実際、私も脂漏性皮膚炎という病気と診断された事がありましたが、もう30後半になってからでした。

アレルギーは子供の頃に発症して、大人になってから治ったり、症状が軽減されたりする方も多く入るようですね。
でも、花粉へのアレルギーである花粉症のように大人になってからある日突然発症する事も全然珍しくないようです。

子供の頃になったアレルギーが治る事はあっても、大人になってからのアレルギーは完治するというのはなかなか難しいようですね~

大人のアレルギーの症状は、かゆみや口の中の違和感、くしゃみ鼻水、呼吸困難、腹痛、下痢などや、頭痛やめまい、肌荒れ、倦怠感などがあるようですが、頭痛やめまい、肌荒れ、倦怠感のような症状が出る「遅延型アレルギー」といわれるアレルギーは検査をしてもアレルギーとは分からずに他の病気などと診断される事も多いようですね。

検査をしてアレルギー反応の出るアレルゲンが分かりますが、検査の結果で出たものに必ずアレルギー反応を起こす、いわいる症状が出るとは限らないようです。

ですが、何かしらの気になる症状が出た人は自分のアレルギーを起こす物質、アレルゲンを血液検査などで調べておいた方が安心ですね。

この記事へのコメント