アレルギーに腸内環境?

190193.jpg
腸内環境を整える事でアレルギーが改善する
食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、アトピー、気管支喘息、ラテックスアレルギー、口腔アレルギーと、大人のアレルギーが多くなっているのをご存知でしょうか?
たくさん方がアレルギーによる症状で悩んでいましたね。
アレルギーを引き起こす原因は人によって違いますが、根本にあるのは同じようです。

腸内細菌の乱れが・・・
腸内細菌の乱れが免疫の低下を引き起こし、免疫システムに誤作動を起こさせているということは知っているかもしれません。

最近のTVでも腸内環境を整える事がアレルギー改善へ繋がるよううな商品が販売されていたりしますよね。

日本の免疫学者、藤田鉱一郎先生は、「アレルギーは腸で治す」と言っています。
子供のアレルギーは治りやすいですが、大人のアレルギーはなかなか治りにくいようです。

アレルギーの原因
アレルギーの原因として、食べ物、使っている石鹸やシャンプーによる皮膚吸収、そして腸が関係していると言います。
アレルギーも免疫の一種で、病原菌の異物を排除するために働く免疫システムが、本来人体に無害な物質(アレルゲン)を敵と認識し、これを排除しようと体内の粘膜で炎症を起こしているのが、アレルギーです。
このような誤作動が起こるのは、人体最大の免疫器官である腸の力が弱ってると説明しています。

よって腸の力(腸内環境)がアレルギーになってしまうか、アレルギー反応を症状として出てしまうかを決めるということです。

免疫システムを正常に保つためにも、腸内環境を整えないといけませんね。

この記事へのコメント