アレルギーの予防は万全ですか?

473748.jpg
アレルギーに対する予防ってあるのでしょうか?
アレルギーを理解するために『「免疫力の低下」がきっかけで「Tヘルパー細胞」などが異常をきたし、「免疫バランス」が崩壊することによって発症、そのためにさらに「免疫力が低下」、ためになかなか治らない病気である』と認識する必要があります。
日々、生活環境の悪化から引起される体の異常(自律神経・免疫バランスの変調、免疫力低下、内臓機能低下など)に心を配り、体内からアレルギーを予防する必要があります。
アレルギーにかかってしまう前、アレルギーにかかってしまった後の予防は、どうすれば良いのでしょう?

日常、注意すること・・・花粉症
 1.プロテクター付のメガネやゴーグル、マスク、スカーフ、帽子を着用する。
 2.服は、花粉がつきにくいスベスベした素材のものを選ぶ。
 3.髪をコンパクトにまとめ、花粉が髪につかないようにする。
 4.車の通風口は、花粉の侵入を防ぐために、閉じる。
 5.花粉飛散の季節には、家の窓を開けない。
 6.家に入る前は玄関先で、衣服や髪、持ち物についた花粉をはらう。
 7.外出から家に帰ったら、手・顔・目・鼻を洗い、うがいをする。

日常、注意すること・・・アトピー性皮膚炎
 1.花粉、ダニなどアレルゲンを除去する。
 2.保湿剤を使用する場合は、油分だけでなく、適度に水分を含んだ物を選ぶ。
 3.アレルゲンとなる卵や牛乳・小麦粉などの食事を制限する。
 4.ボディローション、シャンプーとも、免疫バランスを考えた成分が入っている製品を選ぶ。
 5.喫煙は体内の活性酸素を増加させて炎症を引き起こすので禁煙する。

日常、注意すること・・・喘息
 1.花粉、ダニなどアレルゲンを除去する。
 2.風邪やインフルエンザによって、喘息が増悪することもよく知られている。風邪の予防。
 3.気温の急激な変化に注意する。
 4.激しい運動をひかえる。
 5.喫煙は体内の活性酸素を増加させて炎症を引き起こすので禁煙する。
 3.アレルゲンとなる卵や牛乳・小麦粉などの食事を制限する。

この記事へのコメント