黄砂アレルギーって知ってますか?

e122ee1688bff6ab9e150f3038bdf881_s.jpg
春になると大陸から流れ込む黄砂のアレルギーについて
春の風強い日などに、皮膚が痒くなったり、目が痒くなったり、咳が止まらなくなるなんて症状はありませんか?花粉症の時期でもあるので、大概の人は花粉症なんだと耳鼻科にいったり皮膚科に行ったりしてしのいでいるのではないでしょうか?

毎年やってきている黄砂
2月から5月にかけて、偏西風にのりやってくるのが黄砂ですが、ピークが4月だったり5月だったりとその年によってはまちまちです。
黄砂のピークを迎える頃には日本列島は黄砂に覆われているという事になります。
黄砂をただの砂だとは思っていませんでしょうか?
黄砂は非常に危険なもので、多くの有害物質を含んでいます。
しかも通常考えるような砂の粒ではなく花粉よりも細かなパウダーぐらいの細かさなのです。

黄砂でアレルギー症状が・・・
黄砂は砂状ではなく、パウダー状なので体内に入りやすい。花粉よりも細かな微粒子なので、花粉よりも体内に入りやすいです。
体内に入るだけではなく、パウダー状なのでファンデーションのように肌にぴったりとフィットします。
どうして黄砂でアレルギー症状が起きるかは、その細かなパウダーにアレルゲン物質がたっぷり含まれている可能性があるからなのです。
ファンデーションのようにぴったりと肌に張り付けば皮膚炎の症状やアトピー症状が悪化するという事になります。肌荒れや痒み、湿疹、赤み、皮膚の乾燥が極度に起こってしまいます。
体内に入り込めば、花粉と同様に体に異物が入ったと判断し、鼻水や咳、くしゃみ、目の痒みが起こりますが、時期的にも花粉の時期と重なる事からダブルでアレルギー症状が出てしまいます。

この記事へのコメント