大豆アレルギー

bcf014de684f44b6600215da715087df_s.jpg
大豆アレルギーの症状・治療は?注意しなければいけないことって?
食物アレルギーは、乳幼児に多いと言われていましたが、最近では成人になってから大豆製品によるアレルギーを発症する方も増えてきました。症状も比較的軽いものから命に関わる重大なものまで、多種多様です。

なぜ大豆アレルギーが起こる
人間には、外敵(異物)から身体を守る免疫反応が備わっています。しかし、この免疫反応が反対に身体に有害な反応を起こしてしまうことを、アレルギー反応と呼んでいます。大豆アレルギーの原因となるものは、大豆に含まれているタンパク質です。大豆アレルギーの人が大豆を食べると、小腸から大豆のタンパク質が吸収されて、血管を通って全身に運ばれます。大豆アレルギーの方の場合、身体が大豆のタンパク質を外敵だとみなし、退治しようと攻撃をしかけます。それが様々な症状となって身体に現れるのです。

症状は
じんましん
嘔吐
下痢
血便
腹痛

喘鳴
呼吸困難
アナフィラキシーショック

湿疹の症状
湿疹症状では、かゆみを伴った赤いブツブツが身体の一部に現れ、数日から1週間以上症状が続きます。同じ大豆製品でも、加工方法によってアレルギーの症状の度合いが異なります。

このパターンの人では、大豆油はアレルギー反応を起こすことがあります。油はタンパク質ではないですが、酸化すると大豆油とタンパク質が結びついてアレルギーを起こしやすい形に変わるためです。特に、古い大豆油はアレルギーを起こしやすいので注意が必要です。

じんましんや喘息の症状
皮膚の一部に赤く小さなふくらみができてかゆくなりますが、数十分から数時間で消えることが多いです。喘息の症状や短い時間に多くのふくらみが全身に出る場合もあります。
アレルギーの症状が重い人は、豆腐、きな粉、おからや豆乳などを食べても症状が出ることがあります。

大豆アレルギーを防ぐ
問診、血液検査、食物除去試験などの結果から、大豆アレルギーだと分かった場合、毎日の食事から大豆や大豆が含まれている食べ物を摂らないこと(食事除去)が重要です。食事除去を行う場合には、医師の正しい判断に基づき、栄養不足にならないように気を付けます。

食品を買うときには、食品表示を確認することが大切です。

この記事へのコメント