食物を摂取することで起こる「食物アレルギー」

33301868bc50043a4e0e42ce402d4dec_s.jpg
口からの摂取だけでなく、肌にアレルゲンが付いただけでも症状は出るの?食物アレルギーはアレルゲンが肌に付くのもダメ
「食物アレルギー」と聞くと、アレルギーの原因となるものを口から体に入れたときに症状が起こることを多くの人が想像するかもしれません。
しかし、食物アレルギーは肌にアレルゲンが付着することによっても起こります。
卵の殻がフローリングに落ちているのを気づかずにいたら、子供がそれで遊んでしまって蕁麻疹が出てしまった。
趣味のパン作りの途中に子供がぐずって起きたので、あわてて小麦がついたままの手で子供に触ってしまったら真っ赤腫れ上がってしまった。
 
そんな話を同じアレルギーっ子のママから何度か聞いたことがあります。

アレルゲンの含まれた石鹸や保湿剤は使える?
例えば、乳成分が含まれている石鹸を乳アレルギーの子に使ったり、大豆イソフラボン含有の保湿剤を大豆アレルギーの子に使うことはどうなのかといえば、
これもやはりNO。
やめておいた方がいいでしょう。

真矢みきさんがCMしていた有名な石鹸を使って顔が腫れ上がったり、アナフィラキシーを起こした成人女性が続出した事件はみなさんの記憶にも新しいかもしれません。

これはその石鹸に加水分解小麦という成分が含まれていて、洗顔により皮膚が小麦に感作され、今まで小麦アレルギーではなかった人まで小麦に反応するようになってしまったという新しいタイプの食物アレルギーを生んだ事件でした。

肌からアレルゲンが入る方がむしろ危険
口からアレルゲンが入ることが危険視されがちな食物アレルギーですが、実はアレルゲンは口から入るより肌から吸入される方がよっぽど危険な場合が多いんです。

「アレルギーに密接に関係するIgE抗体を上げる一番の後押しは、実は肌からのアレルゲンの吸入」ということをアレルギーを専門とされる先生からお聞きしたことがあります。
ですので、食物アレルギーの子は食事の場面だけでなく、工作で小麦粘土を使ったり、掃除で牛乳を拭いた雑巾を使ってしまうなどのアクシデントにも十分に気をつけなければいけません。

この記事へのコメント