隠れアレルギー」とは

473748.jpg
食物アレルギーの症状は食べてすぐに現れるのでしょうか?
それとも、しばらく経ってから出る場合もあるのでしょうか?
即時型反応と非即時型反応
食物アレルギーの症状は、食べてからすぐ現れる「即時型反応」と、食べてしばらく経ってから出る「非即時型反応」とがあります。

即時型反応
原因となる食べ物を食べて2時間以内にかゆみや蕁麻疹、あるいは下痢や嘔吐などのアレルギー症状が出るものを「即時型反応」といいます。
中でも、呼吸困難や意識障害が出るアナフィラキシーショックを起こした場合は緊急の治療が必要となります。
即時型反応のほとんどが15分以内
 
2時間以内に現れるものが即時型反応に分類されますが、即時型反応は食べ物を食べて(または接触して)から15分以内に起こることがほとんどなんだそうです。
このように即時型反応は食べてからかなり早い段階で起こるため、食べ物が原因であることや、どの食べ物が原因だったかを比較的容易に推測することができます。

非即時型反応
非即時型反応には、食べ物を食べてから6~8時間後に出る遅発型と、1~2日後に出る遅延型反応とがあります。
このように、食べてからすぐには反応が出ずに、症状がかなり遅れて出るタイプのアレルギーのことを最近では「隠れアレルギー」と呼ぶことがあります。


最近話題の「隠れアレルギー」
隠れアレルギーは、アレルギーの原因となる食べ物を食べてから早くても数時間、遅いときには翌日・翌々日に症状が出るため、それがアレルギー症状とさえ気づかない場合があります。
(遅いときは3日後に出たりするらしいです。日頃の食事に気を使っている人でもこれはなかなかアレルギーの反応とは気づけないですよね)

ですので、本当はアレルギーがあるにも関わらず、気付かずにアレルゲンである食物を与え続けてしまって症状が慢性化してしまうということも起こりうるなかなか厄介なアレルギーのパターンです。

この記事へのコメント